ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)(PSP)の基本情報・見どころ・レビュー・感想・評価

98.ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)(PSP)レビュー・感想・評価

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)画像1

■タイトル:ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)
■発売日:2006年11月22日
■開発元:レベルファイブ
■発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
■定価:4,800円(税抜)
■個人的ランク:B+

プロローグ・あらすじ

かつて、「死神戦争」と呼ばれる人間と魔王の戦いがあった。
魔王率いる死神たちの前に人間たちは苦戦を強いられていたが、
人間たちの先頭には選ばれし5人の勇者が存在していた。
勇者たちは魔王と死神を封じるための5つの腕輪を作り、
その力で魔王と死神たちを宝珠の中に封じ込めた。

時を経た15世紀初頭、百年戦争の最中。
フランスとイギリスの間では領地を巡る戦いが続いていた。
フランスの小さな村・ドンレミ村は楽しい祭を催していた最中、
見たこともない魔物の襲撃に遭う。
その時「魔物を倒せ」という天の声を聞いた村の少女・ジャンヌは、
剣を取り、魔物を撃破する。
天の声に導かれ、ジャンヌはフランスを救うべく
幼馴染の少女リアン・元傭兵のロジェと共に、シャルル王太子の住むシノン城へ向かう。
母国を救うため、長い戦いの旅に出るジャンヌたちを待ち受ける運命とは……

本作の見どころ

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)画像2

  • ・史実を元にしたフィクション作で、現実とファンタジーのないまぜ感が面白い
  • ・綺麗なアニメーションムービーが多く挿入され、物語に臨場感を与えている
  • ・起伏のあるストーリー展開。中盤の重く衝撃的な展開が頭に残る
  • ・難易度が低めで、シミュレーションRPG初心者にとってやさしい内容

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)の総評

並以上には楽しめた良作。タイトルがジャンヌ・ダルクということで、史実が元になっていることは知っていたのだが、実際作中に『イギリス』だとか『フランス』だとかの名称が出てきて、それがファンタジー感あるアニメ世界で繰り出されると不思議な感慨を覚えた。

だが、ロードが多い・難易度が低い・あまり戦略性が無い・キャラの魅力の掘り下げが浅い、などの理由でそこまで高まりきらなくもあった。豊富なアニメーション・起伏のあるストーリー展開で、『アドベンチャー』や『RPG』として見れば良かったが、『シミュレーション』が足を引っ張っている、そんな印象。一般的なRPGのように、レベルを上げて装備を良いもので固め、スキルを整えば大概のステージはゴリ押せる。せっかくの高低差あるタクティカルバトルなのでそこをもっと生かしたり、三すくみももっと生かしてレベルなどに頼り切らない戦略性を盛り込めば、グッと評価は上がったと思う。

本作の見どころは中盤で、かなり波乱に満ちた展開を楽しめる。個人的にはとあるキャラの顛末がとても悲しく、物語が終わっても余韻が残るほど強く頭に残った。兵士と魔物が共闘していたり、倒したキャラが何度も復活したり、ツッコミどころもあるが、実在したものがしっかり表現されていて実物に興味を抱かせた意味では良い作だった。ドンレミ村に行ってみたくなった。シミュレーションRPG初心者にお勧めの一作。

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)(PSP)

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2006年11月22日

■関連商品

JEANNE D'ARC オフィシャルコンプリートガイド(書籍)

エンターブレイン 2006年12月28日

ジャンヌ・ダルク オリジナルサウンドトラック(CD)

ティームエンタテインメント 2007年1月24日

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)の音楽

Coming soon…

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)のシステム

Coming soon…

ジャンヌ・ダルク(JEANNE D'ARC)の展開

Coming soon…

Page top
▲